So-net無料ブログ作成
検索選択

貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)

 9世紀中ごろに東北から北関東の広い範囲に津波をもたらした「貞観(じょうがん)地震」の震源域が、宮城県沖から福島県南部沖まで長さ200キロ、幅100キロに達する可能性のあることが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの解析で分かった。規模はマグニチュード(M)8.4と推定され、国が想定する宮城県沖地震(M7.5前後)の震源域より大きく南側に広がる未知の海溝型地震だった可能性がある。24日午後に千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で報告する。

【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる

 研究グループは、宮城県石巻平野から福島県中部沿岸にかけての津波の痕跡調査を基に、コンピューター上で地震と津波を再現して震源域を検証。その結果、10パターンある仮定震源域のうち、最も大きな長さ200キロ、幅100キロの場合のみ、震源の深さを変えても痕跡の位置まで津波が浸水することを確認した。周期は特定できていないという。

 宮城県沖では、平均約37年周期でM7クラスの海溝型地震が発生。国の地震調査委員会は30年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は99%と予測している。一般的に地震の規模と震源域の断層の長さとは一定の関係があり、M7で30〜40キロ、M8で100〜150キロといわれる。

 産総研の行谷佑一研究員は「宮城県沖でこれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかった。より広い範囲で詳細な検討が必要だ」と話す。【八田浩輔】

 ◇貞観地震◇

 869(貞観11)年7月に発生。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、仙台平野周辺で建物が崩壊し、津波で1000人の水死者が出たと記録されている。地震で生じた津波は北関東までの広い範囲に及び、仙台平野では現在より1キロ陸側にあったとみられる海岸線からさらに3キロ内陸で、津波の痕跡が見つかった。

【関連ニュース
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
傷心のシバザクラ6000株 地すべりがあった斜面に咲く 兵庫・西宮
<写真で見る>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫 2010年2月28日
<写真で見る>日本の津波対策

野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
28日に故鈴木元知事の都葬(時事通信)
<裁判員裁判>耳の不自由な補充裁判員へ要約筆記者 奈良(毎日新聞)
京極さんの新作、iPad向けに=単行本の約半額で発売―講談社(時事通信)

3歳長女の首絞める、夫婦を逮捕 大阪・柏原(産経新聞)

 長女(3)の首を絞めて殺そうとしたとして、大阪府警柏原署は18日、殺人未遂の疑いで、同府柏原市玉手町、無職、長崎弘容疑者(31)と妻の妙子容疑者(30)を逮捕した。調べに対し、2人は容疑を認めている。同署によると、長女は首にけがをしているが命に別条はないという。

 逮捕容疑は18日午前1時ごろ、自宅の文化住宅で長女の首を絞めて殺害しようとしたとしている。

 長崎容疑者らは3人暮らしで、動機などを調べている。

【関連記事】
長岡京夫婦刺殺事件 犯人の逃走手助けた女を逮捕 京都府警
町職員、妻に絞殺される 奈良・香芝
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」
小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」
中国が優等生路線に?

<傷害容疑>1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪(毎日新聞)
雑記帳 段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)
公明・山口代表、民主党との連携に含み(産経新聞)
<YOU THE ROCK★>大麻所持で実刑判決(毎日新聞)
<小沢幹事長>「『犯罪ない』結論出た」 会見で強気発言(毎日新聞)

<寂光院>放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)

 京都市左京区の寂光院(滝沢智明住職)で本堂が放火されて全焼した事件(07年に時効)が発生から10年を迎えたのを機に、市消防局などは11日午前、現地で消防訓練を実施し、参加した約30人が文化財防火への思いを新たにした。

 火災は00年5月9日未明に発生。本堂に安置されていた本尊の木造地蔵菩薩(ぼさつ)立像(重文)も黒く焼け焦げた。本堂と本尊が05年に再建・復元される一方、焼けた旧本尊は合成樹脂で表面を固める劣化防止処置が施され、事件の悲惨さを伝えている。

 この日の訓練は、本堂から出火した想定で実施。寺の自衛消防隊が消火器で初期消火に取り組み、付近住民らが仏像の複製品を抱えて運び出すなどした。

 寂光院の事務職員の増田康信さん(39)は「当時の記憶が薄れないようにしたい」と話した。【五十嵐和大】

<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)
6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)
70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)
首相動静(5月4日)(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。